こだわり食卓

第1回

レストランのこだわりやそれを支える名脇役を取り上げます。
初回は「土用の丑」大暑が待ち遠しくなる今年の夏のイベント膳をご紹介します

「土用の丑」
大暑を五感で味わうイベント膳

「土用の丑」大暑を五感で味わうイベント膳

季節の節目ごとに提供されるイベント膳は、ご入居のお客様が心待ちにしているメニューのひとつ。今年の「土用の丑」大暑のイベント膳は、うな重を中心に普段のグランドメニューよりも品数の多いラインナップです。お膳のメインであるうな重は、熟練の職人が一つひとつ手作業で炭焼きを行い、遠赤外線効果で、ふっくら香ばしく仕上げます。副菜には、肉質がキメ細やかで脂が甘いのが特徴の赤城牛を使ったしぐれ煮に、糸瓜の和え物、とうもろこしのかき揚げを合わせ、夏の到来が感じられる、バラエティに富んだ食欲をそそる構成に。一般的な「うな重と肝吸い」だけでは栄養も偏るため、サンシティでは副菜に旬の夏野菜を取り入れ、栄養面でもご満足いただける組み合わせにしております。

食卓のバイプレイヤー
今回のテーマ:サンシティ特注の「白磁」

光春窯にオーダーした24種の白磁。

光春窯にオーダーした24種の白磁。

  • サンシティでは、美味しさへのこだわりはもちろん、目で見て食べて楽しんでいただけるよう器にもこだわります。その数々の器は、総料理長が選び抜いた逸品ばかりを使用しています。なかでもグランドメニューで使用する、白磁の器は、長崎県波佐見町にある窯元と交渉を重ねた、オリジナルの品。お膳の中で調和がとれるよう、サイズ、形や厚さなど指定し依頼。一度決めたデザインも、ご入居のお客様のお声を聞きながら、ソースや汁がすくいやすいように、かえしを施したり、“料理が映える白”を追求して、原料となる土を変えるなど、これまでに数十回以上、改良を重ねています。何気ない白の器にもご入居のお客様がより美味しく、快適に召し上がっていただくための様々な工夫を凝らしています。

  • かえしがあることでお箸でも掴みやすいです。

    かえしがあることでお箸でも掴みやすいです。

コンテンツカテゴリ一覧を見る

お電話でのお問合せはこちら(本社)

【受付時間9:00〜17:00】※土・日・祝は受付しておりません。

0120-77-5088

各サンシティへのお問合せはこちら

【受付時間9:00〜17:00】